読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ささくれ塾

冒険に憧れる都会好き。世の中にささくれた事や、好きな音楽や食べ物の事を書くブログ

ダライ・ラマ法王が訪日して紅茶花伝飲んでるぞ

考えて見た 伝えるべき事

 こんにちは、ささくれです。今日は暖かいので高円寺のオープンカフェでこれを書いています。ここは人も多すぎず休日過ごすには良い場所です。

 

さて、ダライ・ラマ14世が外遊で日本を訪れたという記事を見かけました。

内容は、以下の写真の通り訪日の際は紅茶花伝ロイアルミルクティーを好んで飲むというほのぼのしたもの。ご満悦ですな...

 

f:id:sasakurejyuku:20161120160419p:plain

高野山にご到着 | ダライ・ラマ法王日本代表部事務所

 

さて、こんな明るい猊下ですが20代半ばで、中国のチベット侵略によりインドへ亡命するなど波乱の人生を歩んでおり、現在も自治権回復に向けて精力的に国際社会に訴える活動を行なっています。

そんな中で、特に話題になっている後継者問題と中国に対する見方についていくつか抜粋しました。実際、チベットに対してひどい弾圧が行われた歴史などはここでは述べません。

 

中国政府について

 今年行われたNHKのインタビューです、意外な事に引退した中国の高官などお忍びて対話に来ているんですね。中国政府の複雑さと、法王の影響力の強さがわかります。そして、そのような対話に希望を持っていらっしゃる事に不屈の精神が伺えます。

ダライ・ラマ14世
「現在の中国には汚職がまん延しています。
果敢に汚職に立ち向かっていると思いますが、社会全体を考えると、道徳的な概念が欠けています。
私の所には中国政府の引退した高官や実業家、仏教徒なども話を聞きに訪れます。
中国人、特に仏教徒や知識人たちは何らかの対話がしたいのです。
中国人の中にもそうしたことを強く望んでいる人たちがいるのです。
ですから、今後どうなるかは様子をみましょう。
私はもうすぐ81歳になりますが、まだまだ元気です。
だからあと10年、いや20年は待てますよ。」 

www.nhk.or.jp

 

中国政府については「世界に大きく貢献できると思うが、現在の政治システムを維持する限り可能でない」と指摘。その上で「チベット人が持つ不屈の精神は変わっていない。国際社会がチベット問題に関心を寄せてくれることは、私たちが希望を持てるサインだ」と述べた。

www.sankei.com

 

ダライ・ラマ制度について

輪廻転生で選ばれるダライ・ラマですが、こちらについては自分の代で廃止したいおっしゃったり、もし続いても中国統治下のチベット国外から生まれると述べられています。いずれにせよ、チベット国民が望むのであれば、転生し残した仕事を続けるとのご覚悟のようです。

ライ・ラマが語る「ダライ・ラマ制度の未来」

もし、チベットの人々がダライ・ラマの転生者が必要であるなら、私の転生者は、中国支配下のチベット国内ではなく、平和な世界のどこかの国に生まれると断言する。それは、前生がやり残した仕事を引継ぎ成就するために転生者は生まれ変わるとチベット人が信じているからである。前生がやり残した仕事を邪魔したり破壊したりするために生まれ変わる転生者はいない。もし、転生者がやり残した仕事を継承できない国に生まれたら、転生者として生まれ変わる意味がない。つまり、私の転生者を必要とするかどうかを最終判断する権利は、チベット国民にある

www.tibethouse.jp

 

私の後継者問題、つまり輪廻転生は極めて精神的なもので、私の後継者がどこで生まれるのかも“私の問題”です。私に後継者を選ぶ権利がある。私以外のだれにもこの権利はない。もちろん中国共産党にもです。

第一、彼らは宗教を信じないのだから、輪廻転生も信じないだろう。もし、彼らが宗教を受け入れ、生まれ変わりも信じるのなら、論理的には、毛沢東や鄧小平の生まれ変わりを探すべきだ。私の生まれ変わりを彼らが探すのはナンセンスでしょう(笑)。

www.news-postseven.com

  

以下は亡命に関する概略です。

ダライ=ラマ14世
チベット仏教の最高指導者。1959年のチベットの反乱でインドに亡命。現在も亡命生活を送りながらチベットの自治を要求する運動を続けている。

 (19)50年から親政をおこなったが、成立した中華人民共和国清朝時代に次いでチベット領有を表明して東チベットを占領した。51年にダライ=ラマは中国への併合を承認する協定に調印しチベットは中国領となった。しかし反発したチベット人は59年、中国軍と衝突し「チベット反乱」が始まった。
 ダライ=ラマは周囲の勧めでインドに亡命、翌60年にインドのダラムサラチベット亡命政権を樹立した。インド首相のネルーはダライ=ラマ14世の支持を表明し、中国を批判したため、平和五原則を掲げていたインドと中国の関係が悪化し、1962年には中印国境紛争にエスカレートする。
 それ以後、ダライ=ラマ14世はチベットの独立を国際社会に訴えながら、なおも宗教指導者としてもチベット人の崇拝を受けている。1989年にはノーベル平和賞を受賞したが、チベットへの帰還のめどは立っておらず、現在も亡命の身である。

ダライ=ラマ14世

 

私の感想ですが、法王は非常に冷静にチベットに残された国民のことを考えながら、どうすることが未来に望ましいのか考えてらっしゃるように思いました。何年も先の事を考えて希望を失わず国際社会に訴えかける姿は、まさに最高指導者としてのあるべき姿だと感銘を受けます。

 

韓国でカバーされている『雪の華』が素晴らしいよ

音楽の話

 こんばんは、ささくれです。11月も半ばを過ぎ、そろそろ街にはクリスマスの気配が、職場には年末の気配が漂って来ました。

 

今日はそんな中、しっぽりと聴ける名曲雪の華』の韓国のカバー版を紹介したいと思います。

韓国ではドラマ『 I'm Sorry I Love You』のOSTとして流され有名になったらしく、いろんなアーティストがカバーしている。特に素晴らしいと思ったのは、Park ji yoonの生演奏。本当に歌唱力が素晴らしい。言語は関係なく感動します。

[Live] 박지윤 Park Ji Yoon - 눈의 꽃 Snow Flower @네이버 뮤직 '미스틱89의 눈오는 밤'

www.youtube.com

 

また、アコースティックギターのソロ演奏でもカバーされていてこちらはしっぽり落ち着きます。この子の演奏が特に好き。

www.youtube.com

 

他にもこの『雪の華』は台湾やベトナムでもメジャーなアーティストがカバーしています。旅行で偶然、その国の人と友達になったら知っているか聞いてみのも良いかもしれませんね。

www.youtube.com

 

ではでは〜

一昔前に戻って大陸を目指したい気持ち(憧れ)

考えて見た

 こんばんは、ささくれです。昨日紹介したボカロ曲「明正ロマン」を聴いています。

明治、大正の移りゆく東京がテーマの曲です。なんだかわたくしこの時代から昭和初期にすごく憧れがあります。

 

今や叶わぬ事ですが、大陸、発展前の中国に足を踏み入れるというシチュエーションにすごく憧れるわけです。

 

2009年に放送されたアニメ「閃光のナイトレイド」はまさにその時代が舞台になっており、かなり惹かれました。以下はwikipediaからアニメの時代背景の抜粋です。

世界観は実際の歴史をモチーフとしており、作中では第二次世界大戦前の大日本帝国中華民国の上海、東北部(後の満州国)などを舞台として描かれている。この他、テレビ未放映エピソードでは二・二六事件前夜の東京府東京市(現在の東京都)が舞台として登場する。なお、エンディング後は毎回、「本作が歴史上の出来事をモチーフにしたフィクションであること」「登場人物がこの作品のために創作したキャラクターであること」「時代の歴史的事実またはその出来事に対する新しい解釈への試みではないこと」といった旨のことわりのテロップが挿入される[4]。

 

さて、今日はいったいこの時代の何に憧れてるのか、少し考えてみました。

 

一つは、我々、日本人がとても小さな存在である場所へ向かい、一から開拓することのかっこよさです。シリアスな表情、状況で異国を馬車や列車で移動する情景とか最高に好きです。

 

二つめは、この時代に描かれる日本人像には、国のため、未来のために、命を全うするという正義があります。そのような正義を持って外国へ向かった偉人たちが、現代の発展の基礎を築いてくれました。それは挑戦というより使命と呼ばれるものです。

 

三つめは、上の二つと重なりますが、我々はこうでなければならないという信念、プライドが世界に対してあった。それは生き延びるためのプライドだと思います。

 

今はそういうシチュエーションになることは、ほぼ叶わないと思いますが...でも、もしかすると知らないだけ、考えが足りてないだけで、未来のために我々ができる使命があるのかもしれません。

 

先週、博多の道路が陥没し、それを一週間で修復したニュースを海外のメディアがリスペクトして取り上げました。

www.dailymail.co.uk

 

これを見た外国人の友達から日本人は素晴らしいと連絡が来ました。

 

しかし、こういう事があると自分は..本当に素晴らしいのだろうかとちょっと考えてしまいます。

 

やっぱり日本人だからこそ得られる技術やマインド、それらをしっかり学んで受け継いで外に出るって事が大事なのかなと思いました。

 

最後に閃光のナイトレイド」のエンディング曲を貼っておきます。ばいちゃ


【閃光のナイトレイド】 MAD 未来へ...

ボカロ苦手な人にもとりあえず聴いてほしい7曲

音楽の話

皆さんはボカロ好きですか?

ん、どちらかというと苦手ですか?

 

まぁ、そう言わずに聴いて見てほしい曲が数曲あるんです。

とにかく楽曲の世界観が素晴らしいのです。

 

まずは一曲目

明正ロマン - 重音テト

明治、大正の激動の時代を日本人ならでは真面目な世界観で表現する歌詞、そしてロックでポップなサウンドが切なく哀愁のある世界を作っています。タイトル通り、明正ロマンな曲です。


【重音テト】明正ロマン 【オリジナル】/【KASANE TETO】Meisyou Roman【original】

 

吉原ラメント - 重音テト

こちらも重音テトの楽曲で、吉原の遊女がテーマ。和楽器バンドもカバーしている曲ですね。と言いますか、先ほどの明正ロマンも吉原ラメントも作詞作曲は和楽器バンドのベース亜沙さんです。素晴らしい世界観です。


【重音テト】吉原ラメント【オリジナル】/【KASANE TETO】Yoshiwara Rament【original】

 
地球最後の告白を - GUMI

続いて、GUMIから「地球最後の告白を」です。切ないラブソングでこちらも歌詞とメロディが素晴らしい。ぜひカップルで聴いてほしい。


【HD】 地球最後の告白を 【GUMI】- KEMU VOXX

 

天ノ弱 - GUMI 

GUMIからもう一曲、天ノ弱。この曲も恋愛ソングでサビの歌詞、メロディが素晴らしく、共感するファンが多い名曲です。

www.youtube.com

ローリンガール - 初音ミク

ようやく来ました、初音ミク。ノリノリのロックですがサビのメロディやコード進行がカッコよくて、飽きずに聴ける一曲。


初音ミク オリジナル曲 「ローリンガール」 -歌詞付き-

 

ryo(supercell) feat.初音ミク 『ODDS&ENDS』

続いて、supercellのryoさんが手がけた初音ミクの楽曲、今やボカロの伝説曲となっています。ボーカロイドと作家の関係性を描いた切ない楽曲です。


ryo(supercell) feat.初音ミク 『ODDS&ENDS』

 

livetune feat. 初音ミク 『Tell Your World』

最後にGoogle ChromeのCMでも使われた一曲。耳にした事がある人も多いのではないでしょうか。


livetune feat. 初音ミク 『Tell Your World』Music Video

 

さて、いかがでしたでしょうか。お気に入りの曲は見つかりましたか?

ボカロはクリエイターが自由に世界観を表現する為の歌い手として地位を獲得しました。じっくり聴いていると、確かにそれは生命を吹き込まれた存在だと感じます。

 

 

 

KiRiKoちゃんが二胡で弾く「吹雪」(艦これ)が素晴らしいのだよ

音楽の話 おすすめ

 皆さんこの動画は知ってますか?

琴の演奏をYoutubeで観てて偶然見つけたこの動画、二胡奏者のKiRiKoさんの演奏。

めっちゃ力強くて、ギターじゃないけど二胡が泣いてる、この演奏を公式テーマにして欲しいくらい。

 


【二胡で弾いてみた】吹雪【艦これ】

そしてこれからの季節はこちらもオススメ。


【二胡とピアノで弾いてみた】 Snow halation 【ラブライブ!】

ブログを毎日書き続ける為に必要な事をロジカルに考えてみた

考えて見た

タイトル通りロジカルに考える。

 

まずは...期待する結果を定義する

期待する結果は「高品質なブログ記事が毎日作成されること」だ。

ここで二つ条件、課題が定義されている、「高品質な記事」と「毎日作成される」だ。

二つの条件をクリアするために、必要なロジックを考える

まずは「毎日作成される」から

この条件をクリアする為には、毎日一定のタスクを決められた時間内で処理する必要がある。

そしそのコストを抑える為には効率化が必要だ。

効率化の為、タスクをあらいだす

記事を書く為には

  1. 書く内容を考えて決める
  2. 構成、目次を考えて決める
  3. 材料を集めて書く
  4. タイトルを考えて決める
  5. 見直す、評価する

特に1, 2は普段からネタを探す気構えと構成を考える癖をつけるとかなり時間短縮につながりそうだ。

続いて高品質なブログ記事について

高品質の定義として最も重要な要素のユーザーメリットを含む構成を考える。

情報量は十分であるか、実用的か、面白いか..などなど

これは上の2の「構成、目次を考えて決める」時に注意しておくと良いだろう。

特に情報量は構成、目次によって全然変わってくるものだから意識する必要がある。

この辺は他のブログを見ながら研究する必要がありそうだ、ユーザーに役立つを情報を書きやすい項目で構成する、それをパターン化できれば、結果はついてくるはずだ。

以上の結果から、導き出された結果は

「高品質なブログ記事が毎日作成される」為には、

  1. 普段からネタを探す気構えと構成を考える癖
  2. 役立つを情報を書きやすい項目で構成し、それをパターン化する

との結果が出た。

ん?机上の空論かどうかは、やって見ないとわからない

働き方とは言うけれど

ささくれ

 リーマンショックのあった数年前(2008年)は年越し派遣村だとか、ワークシェアリングという言葉が流行っていた、代々木公園で炊き出しが行われている映像が印象的だった。そんな炊き出し必要な若者いるの?と目を疑った。

また漫画喫茶に住む若者が時々メディアに登場した。彼らは今どうしているのか..

 

今は働く側の売り手市場と言われているが、同時に長時間労働だとか、ブラック企業だとか話題になっている..これはようやく10年近くかけてそこに目を向ける自由と少しの余裕が生まれたような気がする。

 

何年も前から”自由な働き方”や”フリーランス”という言葉がインターネット上で先立って発せられていたが、本当のところ社会の大部分の体質は長い時間をかけてゆっくりとしか変化してこなかったのではないか。政治もしかりで、多くを占める保守派の年代層が変化を遅らせて、結局、それは今、社会的に弱い者たちの権利や金を搾取する事に繋がっているのではないだろうか。

 

高齢化を食い止める政策のタイミングを逃し、外国から若い労働力の受け入れは良いが...その状況を次の世代が背負う事を考えてほしいものだ。