読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ささくれ塾

冒険に憧れる都会好き。世の中にささくれた事や、好きな音楽や食べ物の事を書くブログ

BABYMETALを聴くきっかけの話

 9月20日、BABYMETALの東京ドームライブに行ってきた。
世界ツアーのファイナルだった。台風が接近し強い雨風にも関らず会場は満員だった

初めてアイドルファンのいる会場でのライブに行った。海外でのライブ動画を観ると、メタルのファンがほとんどのように見えるが、日本ではアイドルファンが半分以上いたようだった。

さて、今回はライブの話ではなくBABYMETALに興味を持った経緯や魅力を書いてみたいと思う。

私は以前からアイドル興行については、かなり無関心でどちらかと言えば否定的だ。しかしある時、イギリスのウェンブリー・アリーナでBABYMETALがライブを行ったというニュースを目にした。この会場の名前は音楽制作をしている頃、何度か耳にしたことがあり、いわゆるロックの聖地として聞かされていた。

「何が起こっているんだ?」と一気に関心が高まりBABYMETALの曲を聴きあさった、するとどうだ、ヘビィだが聞きやすいサウンドとキャッチーなメロディの中にメタルならではのシンフォニックなアレンジが施されている。これは質の高い音楽だ..そう思った私はしばらくBABYMETALの曲をヘビロテしていた。

 

代表曲の「イジメ、ダメ、ゼッタイ」、ピアノから始まりヘビーなギターからハモリのリフが展開されるこの曲は、特にBABYMETALのサウンドの魅力が凝縮されているように思う。イントロの走り抜ける振り付けも10代の女の子の素直さが表現されていて引込まれる。


BABYMETAL - Ijime,Dame,Zettai - Live at Sonisphere 2014,UK (OFFICIAL)

 

そして、自らこの曲を"世直しメタル"ソングとして位置づけているのも面白い。アイドルとメタルで世直し...そんな発想がこれまでどこにあっただろうか。世界的に活躍している今、それはもはや妄言ではなく表現として広く受けられているという事だ。

 

そして、もうひとつBABYMETALを受け入れるきっかになった動画がある。

それは以下のX-JAPANとのマッシュアップ動画だ。


BABYMETAL with X JAPAN - 紅月 AKATSUKI

 

この中でvoのsu-metalは完全にx-japanに溶け込んでいる、違和感がない。

これは普通の事ではない、存在感や世界観が同じところにないとこうはならない。

すぐにカリスマ性という言葉が浮かんだ、それだけの魅力を持っているという事だ。

ただし、これはvocalのsu-metalだけが持っている特別な能力なのだろうか..特出しているのは間違いないが、アニメの「魔法少女まどかマギカ」は10代少女の願いや祈りから生まれるエネルギーは膨大だという設定になっており、シナリオはそのエネルギーを巡っての争いである。

一見、偶然一致したようなアイドルとメタルだが、そこにはすでにシンクロするロジックがあったのかもしれない。そしてそれを表現する自由と発想が日本にはあったという事なのだろう。

 


Babymetal Live @ Wembley " Akatsuki "